もも☆ステラと たまに・・・めろん☆日記

QX という怪しげな機械で測定

10月22日(金)

最近また嘔吐が増えていたので10月17日(土)に血液検査をしました。
cre 2.8 BUN 43 で5月の数値とほぼ同じ。
それ以外は特に異常は見られないとの事でした。
やはり腎臓から来る嘔吐は考えにくいと言われました。

とりあえずその日は結果を聞いただけで帰ってきましたが
その後も3日に1度位の嘔吐があったので、ホメオパシーの笹木先生に
電話をしてどうも腎臓以外に問題があるような気がすると相談しました。

よく考えてみると特に昨年の秋頃から吐く事が増えていました。
でもももは元々よく吐く方だったし吐いた後は元気で
ごはんもよく食べていたのであまり深刻には考えていませんでした。

今年の5月になってさすがにこれはおかしいと血液検査をして
腎臓が悪いと診断されて、きっと嘔吐もそのせいだと思いながらも
数値のわりに嘔吐が続いていたので調べるうちに
ひょっとしてIBDかも・・・という思いがずっと気持ちの片隅に
ありました。でも私自身病院でその可能性を訴えた事もないし
先生からそんな話が出た事もありませんでした。

それで笹木先生に胃腸に問題があるのではないかと話したところ
QX という被験者のエネルギーを測定する機械で調べて
結果を知らせてもらうことになりました。
笹木先生が『歳やしなぁ・・・腎臓だけでは済まんかもなぁ』って
おっしゃいました・・・。せ、せんせぇ、そ、そんなこと言わないで
下さい~T▽T

でもQXってどんなん??? ももは家にいるし、遠隔で測定するらしいけど
ほんまにわかるん~? 怪しげやわ~と思いながらも結果を待ちました。
4日後に先生から電話がありました。『やっぱりね~腫瘍系の結果が出たの。
前ガン状態みたいなね・・・あとは腸内細菌の乱れかな』って・・・。
とにかく腫瘍系のレメディを追加してもらう事にして電話を切りましたが
仕事中に電話を受けたので動揺を抑えるのに必死でした。
ホメオパシーはこういう場合、とにかくその細胞が悪さをしないような
処方をするそうです。西洋医学のように攻撃するのではなく
まあまあ、まあまあとなだめるような感じかな・・・。

まだまだ半信半疑な感じでしたけど、家に帰ると張り詰めていた気持ちが
ゆるんだのか涙がどんどん出て来て止める事が出来ませんでした。
主人も娘も目が点・・・。どうしたらいいのかわからずずっと泣いていました。


a0130149_163664.jpg

         どうしたん? もう泣かんとき・・・
[PR]
by monkichihaha | 2009-11-03 16:07 | ホメオパシー

19歳で慢性腎不全とIBDらしき炎症性の腸疾患とも闘うももと新入りステラの日常を時々書いてます。ミドリガメのメロンもいるよ♪2012年7月21日 午前11時30分 もも19歳で私達の元から旅立ちました。
by monkichihaha
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
もも
ももとステラ
ステラ
もも通院
もも療法食フード
手作り食
サプリメント
めろん
亀千代
娘の膝
娘の膝(円盤状半月板)
ありがとう。またね。
ホメオパシー
いろいろ
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな