もも☆ステラと たまに・・・めろん☆日記

レメディが届きました

10月30日(金)

ちょうどこの日笹木先生からレメディが届きました。
QXの測定結果を印刷したものも同封されていて、ず~っと見て行くと
やはりガンの危険性、細胞の変性という項目がありました。
わかっていたけど文字で見るとやっぱりショック・・・T0T

早速笹木先生に届いた事を伝え、昨日の検査結果も報告しました。
ステロイドを処方されたけど、どうすればいいですか?って聞きました。
先生は『私なら使わない。うちの猫になら使わない。』っておっしゃいました。
そらそうやんなー。毎日、毎日ホメオパシーの良さを伝えているのに
ステロイド使った方がいいよとは言わへんよなー。って思ったら
おかしくなって『そらそうですよね~。』って思わず先生に言っちゃいました。
そしたら先生も笑って二人でケラケラ笑いました^^;

先生は結局こういう病気にはステロイドしかなんだよね~って・・・。
ステロイドは主に肝臓に負担がかかるみたいですが、腎臓にも
少なからず影響があるし、何を選択するかやな・・・って。
例えばリンパ腫だったとしても抗ガン剤は使うつもりはないし
IBDとかの腸疾患でもステロイドが効かない場合もあるそうです。
となれば、まずは負担の少ないレメディで様子を見て
それでも改善されなければステロイドを使ってみるという方法に
しようと決めました。

何せもうすぐ17歳になろうとしているおばあさんなので
出来るだけのんびりさせてあげたい。それには辛い症状をちょっとでも
とってあげたい。そう思ったらすーっ気が楽になりました。
もちろん私は出来るだけ長い時間ももと一緒にいたいけど
ももが何を望んでいるのか考えると答えが出ました。

実際新しいレメディを与えるようになってから5日経ちますが
嘔吐は1回もなく、食欲も戻りとっても調子がよさそうです^^v
ただ目のまわりが少し赤くなって腫れていてかゆそうにしています。
笹木先生に聞いたところ、レメディによって腸の症状が外に
出て来ている可能性もあるとの事で、しばらく様子をみる事に
しました。でもこれってホメオパシー的には改善の方向に向かって
いる過程だって読んだ事があるし、そうだと信じたいです。

あと魚の缶詰を食べている時に嘔吐が多くなる事から
アレルギーの可能性も聞いてみたのですが、一度に複数の事を
試すと何が原因かわからなくなるので、今はレメディを与えて
魚は食べさせたらいいよってアドバイスをもらいました。

まあどちらにせよこのままで済む事はないでしょうけど
出来るだけレメディにまあまあとなだめてもらって
生活の質を上げられたらと思います。腎臓も頑張れ~!


a0130149_18293847.jpg


      写真ではわかりにくいですが舐め壊してちょっと赤くなっています。
[PR]
by monkichihaha | 2009-11-03 18:33 | ホメオパシー

19歳で慢性腎不全とIBDらしき炎症性の腸疾患とも闘うももと新入りステラの日常を時々書いてます。ミドリガメのメロンもいるよ♪2012年7月21日 午前11時30分 もも19歳で私達の元から旅立ちました。
by monkichihaha
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
もも
ももとステラ
ステラ
もも通院
もも療法食フード
手作り食
サプリメント
めろん
亀千代
娘の膝
娘の膝(円盤状半月板)
ありがとう。またね。
ホメオパシー
いろいろ
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな